トップページ > 議会等の日程

12月議会が始まります――日本共産党5人全員が一般質問

 11月30日より、第4回定例議会が行われます。市長提案の議案として、市立保育園の民営化を進めるための指定管理者導入を内容とする保育園条例の改正案、4つの学童保育所の管理運営について、民間企業やNPOを指定管理者とする議案などが提案されました。各議案に対する代表質疑は松本よし子議員が12月6日に行います。
 日本共産党議員の一般質問の日時と内容は次の通りです。ぜひ、お誘い合わせて傍聴にお出かけください。
 
山口和男 11月30日(火) 1番目 午前10時〜 
1、 八王子駅南口再開発計画と市財政について
(1) 南口再開発計画の現状
(2) 事業費見直しと市財政
2、 高尾駅南北自由通路・中央線初沢踏切の整備について
(1) 経過と今後の見通し
3、 並木町の旧特殊農薬跡地の公園整備の見通しについて
(1) 今後の見通し

松本よし子 12月1日(水) 4番目 午後3時半以降
1、 中央道八王子インター北地区の大規模ショッピングセンター計画と中心市街地活性化は両立するか
(1) 東京都との「合意」と経過、予算執行の見通し
(2) 商店街の声について
(3) 商店支援事業
2、 災害時の避難所、学校校舎の安全は
(1) 耐震調査の進捗について
(2) 体育館の耐震調査について

やまこし拓児 12月2日(木) 1番目 午前10時〜
1、 本当に「子育ての希望にあふれるまち はちおうじ」を実現するために
(1) こども育成計画素案中間まとめについて
(2) 待機児解消のための取り組みについて
(3) 子どもの医療費助成について
(4) 子ども家庭支援ネットワークについて
2、 循環型社会構築のために
(1) 給食残渣の堆肥化について
(2) 剪定枝など植物系廃棄物の対応について

鈴木ゆうじ 12月2日(木) 6番目 午後4時半以降
1、 子ども・親・教師の願いである30人学級実現に向けて
(1) 30人学級の効果について
(2) 市として41人以上の学級をどうするのか
(3) 小学校1・2年生での30人学級実施について
(4) 東京都との関係について
2、 国史跡八王子城跡について
(1) 管理について
(2) 民有地について
(3) 住民の居住権について

かのひろ子 12月3日(金) 7番目 午後5時前後〜
1、 石原都政の5年間で661億円の福祉の大幅削減、八王子市民の影響について
(1) 削減された事業の内容について
(2) 市民生活の影響について
(3) 本市の対応について
質問者が多く質問時間は予想であり、多少前後する可能性がありますのでご了承ください。

指定管理者制度により学童保育所運営に民間企業が参入――八王子で初めて
 新年度から新設または自主学童クラブから学童保育所に移行する4つの学童保育所の運営について、民間企業や(株式会社プロケア)、現職市議会議員(自民系)が密接に関係する社会福祉法人、NPOを指定管理者とする議案が提案されました。日本共産党は、公の施設に民間企業の参入はふさわしくない、と批判してきました。実際の導入は初めてです。市は基本方針であらゆる公の施設に指定管理者制度の適用を積極的に検討し、導入を図るとし、行政の外注化を進めようとしているだけに今議会の最大の焦点になりそうです。